おすすめ本

大樹、ショップカード。

『大樹』さん、
ショップカードのご紹介です。

居食屋『大樹』さんの
ショップカードをご担当させて頂きましたので、
ご紹介させて頂きます。

今回使用しているイラストは、
姉妹店であるスケイチさんと同じテイストのイラストを
使用しています。
ぜひ、ご一緒に覧下さい!

*スケイチ、ショップカード。
*ミライザカ、ショップカード。

■大樹(ダイキ) -DAICHANフードサービス-
東京都台東区浅草橋1-31-1 宇野ビル1F
OPEN 17:00〜24:00
CLOSE 日曜日
HP http://www.asakusabashi-daiki.com/

MoonChild、スタンプ。

『MoonChild』さん
スタンプのご紹介です。

『MoonChild』さんの
スタンプのデザインをご担当させていただきましたので、
ご紹介させていただきます。

枠と文字が共にかすれた加工をしているので、
以前制作させていただきましたシールと雰囲気の揃った
スタンプに仕上がりました。

*MoonChild、シール。

■MoonChild(ムーンチャイルド)

おすすめ本。事務所BGM編。

久しぶりのスタッフおすすめ本ブログです。
事務所の本棚にある「スタッフおすすめ印」をご紹介していきます。

今まで、デザイン書に関するおすすめ本を中心にご紹介してきましたが、
今回は事務所内でBGMによく登場するCDブックです。
このシリーズは色々なバージョンがあり、この2冊がお気に入りです。
「デザイン事務所といえばJ-WAVE」は有名な話ですが、
時々こんなのんびりBGMに癒されながら、デザイン制作しております。

旅行やドライブがしたくなる本です。

Couleur Cafe presents LOCO TABLE HAWAII

Couleur Cafe BRAZIL

日経BP社『MOMENTUM』掲載。

弊社ラベルデザイン商品、西麻布 カステリーナさんの「フォアグラのフラン」が
日経BP社『MOMENTUM』に掲載されました。

西麻布のイタリアン、リストランテ カステリーナさん。
グランドオープンから色々とデザインしておりますが、
今回はカステリーナさんの新発売商品「フォアグラのフラン」のラベルです。
日経BP社『MOMENTUM』にもお料理と一緒にご紹介されております。
店頭とWeb販売予定ですが、
更に新しいタイプの上質なオンラインルームサービス「VISITE」にも登録されてます。
有名レストランや人気店のお料理がご家庭でも愉しむことができます。

*瓶選び編
*2010年賀状デザイン編
*レセプションパーティー編
*外看板編
*ロゴデザイン編

■RISTORANTE CASTELLINA(リストランテ・カステリーナ)
東京都港区西麻布1-5-16 TEL 03-6438-9670
OPEN 18:00-25:00 (L.O) / CLOSE 日曜日 祝日
・コース 5800~
・アラカルト600~(22:00より)
http://www.castellina.jp
BLOG http://ameblo.jp/castellina/

オススメ本05、アイデア編。

オススメ本 No.5。アイデア関係の本のご紹介。
「アイデアのつくり方」
「オリジナルシンキング 想像と創造の磨き方」

今回はデザイン本というよりも、
創造力とかアイデア、企画力について書いてある本をご紹介します。
時々なこのような本を読んでは、「今後のヒント」にしております。

「アイデアのつくり方」は、その昔、元上司から教えてもらった本です。
そもそも「アイデアとは何か?」
それを生み出すということはどういうことなのか?
私たちの仕事は「アイデア」を「デザイン」することですから、
その根本となるモノを教えてくれる本です。
「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」
というコトバは、なるほど納得という、見事な説得力です。

こちらの「オリジナルシンキング 想像と創造の磨き方」は、
神保町の古本屋さんで見つけて、即買いした本です。
論理を図解イラスト化して更にわかりやすくしている見せ方が、
一目で気に入りました。
元博報堂部長による、「現場の声」が生に聞き出せる、面白い本です。

■『アイデアのつくり方』ジェームス・W・ヤング
阪急コミュニケーションズ
アイデアのつくり方

■『オリジナルシンキング』高橋 宜行
ディズカヴァー
オリジナルシンキング

オススメ本04、デザイン雑貨編。

かわいい雑貨たちや、デザイン性の高い海外の日用品を
とてもうまくまとめた本です。
パッケージやラベルの案出し時には、ふと開いてみます。
あと、なぜかこの本を見ていると、旅行をしたくなります。
きっと、海外のスーパーや雑貨屋さんで見つけるかわいい小物たちが
沢山登場いるからでしょうか。

■井岡 美保 ・カナカナ 著
西欧のかわいいデザインたち

こだわり雑貨店とカフェのデザイン

オススメ本03、デザインガイド編。

お久しぶりのオススメ本ブログです。
先日、大量にamazonで本を購入しました。
普段から本屋さんへはよく足を運びますが、大量買いは重たいので、
結局WEBで購入することが多いです。
せっかくなので、今回購入した本を色々ご紹介したいのですが、
今日はその前に、、デザインガイドとして、重宝している古株の本たちをご紹介。

「印刷大全―製版・印刷・製本・加工 新デザインガイド」は、
印刷や製版の基礎や今さら人に聞けない情報がズラリ。
インク技や特殊印刷加工の仕様などが幅広く説明されています。
現在パッケージのお仕事が動いているのですが、このような本が一冊あると心強くもあります。
いつもお世話になっております。

「欧文書体―その背景と使い方」
こちらも美術出版社さんのデザインガイドとして王道の一冊。
何より役に立っているのが「記号類の正しい使い方」。
当たり前に使用している欧文の文字組版を更に美しく、正しく使用出来るように導いてくれます。
「こんなこと知らなかったっ」ってこと、結構載ってます。
アシスタント時代に是非出会っていたかった本の一つです。
「文字」を扱う、デザイナーさん、必見です。

■美術出版社 / 『デザインの現場』編集部
印刷大全―製版・印刷・製本・加工 新デザインガイド

■美術出版社 / 小林 章 著
欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド)

オススメ本02。ショップデザイン系。

前回のブログにも書きましたが、
現在新規店舗オープンのグラフィック担当のお仕事が常に動いております。
そんなショップのイメージを膨らますのに、
最適な本をご紹介。
ジャンルは違えども、お店のコンセプトのお勉強ができる本たちです。

オススメ本、ショップイメージ系で二冊ご紹介。
ピエブックスの「ショップ イメージ グラフィックス」シリーズ。

「パリ」のグラフィックにクローズアップしてまとめてある一冊。
個人的には大好きな色使いとデザインが満載ですので、
これを見ているだけで、幸せ気分になってしまいます。
モダンな中にもクラシカルな良さがあったりだとか、
パリならではの素敵なテイストを見つけるなら、これ。

こちらは「ロンドン」。
パリ版と見比べるととっても面白いです。
何かロンドンらしいのか、と言われると難しいのですが、
この中のすべてに対して「ロンドンっぽい」って思えるんです。
かわいい色使いやフォント達。
とっても上手にまとめられた一冊。

■Shop image graphics In Paris
PIE BOOKS
ショップ イメージ グラフィックス イン パリ

■Shop image graphics In London
PIE BOOK
ショップイメージ グラフィックス イン ロンドン

オススメ本01。タイポグラフィ編。

今日は一日中雨でした。
最近カラッと晴れる日がなかなか無いので、
もはや、梅雨入りでは、と思ってしまいます。

突然ですが、これから時々気分転換に、
shoptool-designセレクトの「オススメ本」を少しずつ紹介していこうと思います。

現在ロゴデザインのお仕事が動いております。
クラシカルであったらり、シックエレガントであったり、
パリっぽかったり、、を意識したロゴを制作中なので、
それに因んで、「タイポグラフィ」系のお気に入り二冊です。
中身は結構コテコテなのですが、
ちょっとしたインスピレーションや、
イメージを膨らませるのにはピッタリの本です。
本の中のオリジナルなアルファベットフォントを見ていると
昔の人が持っていたデザインの考え方やオシャレ感に脱帽です。
こんなに綺麗なカタチを生み出して、アレンジして。
今も尚こうして支持され続けているデザイン力。

ポスターカラーに、マスキングテープ。溝引きに烏口。。。
手描きで頑張ってレタリングしていた中学生時代を思い出します。

■New Vintage Type
New Vintage Type: Classic Fonts for the Digital Age

■Fancy Alphabets
Fancy Alphabets (Agile Rabbit Editions)